“時間の取引所“!新たな投資の形を提供するタイムバンクとは?

“時間の取引所“!新たな投資の形を提供するタイムバンクとは?

新たな投資の形「タイムバンク」

皆さんはタイムバンクという新しい投資のシステムを提供するサービスをご存知でしょうか。それは「時間の取引所」というものです。TIME is MONEYが言葉だけでなく具現化した新しい投資です。今回はそんなタイムバンクについて話していきたいと思います。

今話題のタイムバンクとはなにか?

タイムバンクの概要に迫る

2017年の9月より始まったサービスで、タイムバンクとはその名の通り「時間の取引所」です。公式サイトによれば、“タイムバンクは「時間」の取引所です。10秒単位で時間をリアルタイムに売買できる仕組みを通じて経済と時間の再発明を目指します。”ということだそうです。要は自分の時間を売りたい人とその人の時間を買いたい人を繋ぐ場所を新しく提供しているサービスと言えます。

タイムバンクの運営は?

運営会社は株式会社メタップス。「テクノロジーでお金と経済のあり方を変える」をVISIONとして掲げている企業です。当初はスマホのアプリでしか利用できなかったのですが、12月25日にAndroidのアプリもリリースされたので利用者が急上昇している話題のサービスです。Androidユーザーへの素敵なクリスマスプレゼントのようなものでしょう。

どんな人が時間を「売っているのか」

ホリエモンの愛称で有名な実業家の堀江貴文氏の時間も買うことができます。
多少変動はあるもの、10秒あたり200円以上は確実と言えます。時間を買ってどうするのか?時間を買って、それを利用するとリワードを得ることができます。堀江貴文氏なら、「起業・事業・セルフブランディングなど」を1,200~7,200秒で相談アドバイスをビデオチャットにて得ることが可能です。
多数の著名人や専門家などが登録をしているため、新たなマーケットとして話題となっています。

タイムバンクの仕組みと利用方法

タイムバンクの仕組み

では、実際タイムバンクの仕組みとはどうなっているのかを紹介します。多くの人が購入側だと思われるので、購入者側に特化して説明をしようと思います。
まず、大雑把な仕組みを説明すると株が人に変わったというだけの単純な仕組みです。Youtuberや経営者などといった人が「空き時間を販売」する、そしてそれを客が「購入、使用、売却、保有」することができるといったものです。人気であれば、それほど時間の単価が高くなるという、株に似たところもあります。

利用方法

時間を購入するというのはそのままの意味です。リワードが魅力的であるや好きなアイドルだといった自分の好みの人の時間を「10秒」単位で購入することできます。時間を買ったら「使用、売却、保有」といった3つの使い方が可能で、自分の望む利用をしましょう。
使用すると、その時間を売っている人の「リワード」を得ることができます。堀江貴文氏のようにアドバイスなどを受けることができます。アイドルなどはボイスメッセージなどを提供しているので、自分の推しメンがいるかどうか見てみるのもいいかもしれません。
逆に売却をするという利用方法もあります。先も言ったように、株式市場と似ていて人気であれば価格は上がり、人気がなかったり売りたい人が多ければ価格が下がります。この価格の差を利用すれば儲けることも可能です。逆に損することもあるので要注意です。この後、簡単に儲け方について説明します。
時間を保有することも一つの選択肢です。時間を購入すると、売っている人の資金となります。イメージとしては出資ですね。その人の活動を応援したいなど思ったときに利用するといいでしょう。

タイムバンクの決済手段と手数料

利用できる決済手段と手数料は?

現在利用可能な決済手段は「日本円」のみです。当初はビットコインやいろんな仮想通貨での利用が可能と言われていましたが、実装はまだのようです。Zaifやコインチェックの流出で仮想通貨実装はまだ先かもしれません。当然のことながら、タイムバンクを利用するにあたって入金手数料と取引手数料が発生します。取引手数料は「購入時に購入金額の1.08%」と「売却時に売却金額の1.08%」というものです。入金手数料は「50,000円未満で540円」で「50,000円以上で1.08%」とかかります。

どういった人が利用できるのか?

正直この取引手数料や入金手数料は高いと感じてしまいます。確かにタイムチケットなどと違い、誰でも参入しやすいというわけでもないのでそれなりの価値を提供できているというのもあるがあまり資金がない人にとっては株と同じく参入し辛いというのが本音でしょう。時間を買えると言っても、高くて10秒200円のためちゃんとした堀江貴文氏のアドバイスを受けるならそれなりのお金をかける必要がある。
それでも他に有名でないアイドルのボイスメッセージなどを安く手に入れることができるので、自分だけのサービスが欲しいと思えるアイドルにつぎこむのもアリでしょう。
  

タイムバンクで儲ける方法とは

タイムバンクで稼ぐためにはズバリ・・・

タイムバンクで稼ぐためにはズバリ「新規時間発行で当選すること」です。これも最初の軍資金が必要なのですが、余裕があるだけ突っ込むことをオススメします。公募一杯申し込めば、それほど当選する秒数も多くそのため当選しやすいということになります。
もう一つ儲ける方法があります。それはズバリ「リワードが魅力的な案件に投資する」ということです。理屈は単純で、リワードが魅力的であればそれだけ利用されやすいということになります。そうなるとリワード分の時間が減少するので、10秒あたりの値段が上昇するというわけです。こちらはそこまで資金を必要としないので、オススメの投資方法ですがほぼ確実とは言えないので余裕があれば前者をオススメします。

個人のブランドが重視される社会へ

SNSや動画配信サービスの発達によって「個人」というブランドをどれだけ高めるかという時代になってきています。会社という組織のみに縛られて活躍する時代はだんだんと時代遅れになってくるでしょう。いろんなイベントや企画を、色々な人と作り上げていく自主性が求められる社会になってきています。いろんな場所から「あなただから声をかけた」と言ってもらえるような働き方っていいと思いませんか?このタイムバンクはそういった時代になりつつあるからこそ普及した画期的なサービスなのです。

アバター

この記事を書いた人

このライターの記事