目からうろこのバイナリーオプション必勝法~勝ちたい人がやるたった一つのこと

目からうろこのバイナリーオプション必勝法~勝ちたい人がやるたった一つのこと

参考:ハイロー公式HP
https://jp.highlow.net/landing-page?a_aid=5b289c937a789

手軽に50円からできる投資方法としてバイナリーオプションが人気です。50円から投資できる手軽さと、投資ポイントも上か下かの二者択一と取り組みやすい内容になっていることが人気の秘密です。

今回は誰でもできる「たった一つの」バイナリーオプションの必勝法をご紹介します。

また併せて、勝率をあげるためのテクニックもご紹介します。バイナリーオプションでお小遣いをゲットしちゃいましょう♪

バイナリーオプション必勝法~勝ちたい人がやるたった一つのこと

参考:https://pixabay.com/
https://cdn.pixabay.com/photo/2015/12/04/19/20/girl-1076998_960_720.jpg

結論から書きましょう。バイナリーオプションで勝つためにすることは「海外のバイナリーオプション業者を選ぶ」これだけです。ではなぜ海外のバイナリーオプション業者を選べば勝てるのかをご説明していきたいと思います。

バイナリーオプションの歴史と規制

バイナリーオプションは2009年に日本で導入されたばかりの新しい投資方法です。そのため法規制が追い付かず、日本でも初期では胴元であるFX会社が赤字を出していました。これは言い換えれば、「FX会社が赤字=投資家勝利」ということになります。このくらい勝ちやすい投資商品が元々のバイナリーオプションということになります。

ならば、2013年に入った規制前のシステムである海外口座なら、高確率で勝ちやすいということは誰でもわかりますよね?現に日本のバイナリーオプションのユーザーの多くは規制後海外口座を開いています。

2013年の規制で行われたこと

では具体的に2013年にどのような規制が行われたのでしょうか?大きな改正点は以下になります。

最低取引時間の延長

以前は最短10分で結果がわかるなどその手軽さが売りでしたが、規制後「2時間」という縛りがつけられました。

これに関してはテクニカル的に問題があると思います。まず、チャートで2時間足などというものはありません。

また、ペナントなどで「そろそろ放れる」といったジャスト・タイムでbetすることができません。ですから、テクニカル的に難易度が非常に高くなった「改悪」ということができます。

参加者の選別

バイナリーオプションは上か下かの二者択一の選択で初心者でも参加しやすいことがメリットでした。2013年の規制後、バイナリーオプション業者のテストに合格&投資経験の有無を問われることになり、初心者が手軽に参加できなくなっています。

海外バイナリーオプション業者の現状

日本では大きな規制が入ったバイナリーオプションですが、海外では規制は入っていません。日本で禁止された超短期の取引も可能になっています。

具体的にはオーストラリアのバイナリーオプション業者である「ハイロー」では30秒からのbedが可能になっています。時間設定も30秒・60秒・3分・5分・15分・1時間・23時間と細かく設定されているので、相場状況に合わせた売買が可能です。

日本のバイナリーオプションの現状

では規制後の日本でのバイナリーオプションはどうなっているのでしょうか?規制後のバイナリーオプションの現状を分析していきます。

規制前の日本のバイナリーオプションの分析

参考:GMOクリック証券「外為オプション取引の月次取引実績」
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/atention/pdf/
monthly_trading.pdf#search=’%E5%A4%96%E7%82%
BA%E3%82%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%8F%96%E5%
BC%95%E3%81%AE%E6%9C%88%E6%AC%A1%E5%8F%
96%E5%BC%95%E5%AE%9F%E7%B8%BE+GMO’

ほぼ毎月のように100%に近い金額を支払っていることが分かります。100%を超え胴元が赤字の月まであるのがお分かりいただけると思います。

このように規制前は高い確率で多くのバイナリーオプションの参加者が利益を上げていたことが分かります。

規制後の日本のバイナリーオプションの分析

参考:GMOクリック証券「外為オプション取引の月次取引実績」
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/atention/pdf/
monthly_trading.pdf#search=’%E5%A4%96%E7%82%BA%E3%82%AA%
E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%8F%96%E5%BC%95%E3%
81%AE%E6%9C%88%E6%AC%A1%E5%8F%96%E5%BC%95%E5%AE%9F%E7%B8%BE+GMO’

直近1年間の外為オプション取引の月次取引実績です。実は規制後でも100%に近い支払いがなされていることが分かります。違いは「損失発生口座数」になります。規制後は損失発生口座数が激増していることがお分かりいただけると思います。これは一部の「勝者」が利益を独占していることを表しています。

日本のバイナリーオプションでは規制後一部の勝者だけが利益を独占する難易度の高い投資商品になったということが分かります。

テクニカルから見るバイナリーオプションの必勝ポイント

見てきたように、バイナリーオプションは勝率の高い投資方法です。特に規制前の状態である海外のバイナリーオプション業者を利用することで、一般投資家でも比較的高確率で利益を出しやすい仕組みの投資商品だといえます。

ここでは「さらに」勝率をあげるための簡単なテクニックをご紹介していきます。

トレンドを利用する

上記は長らく続いた110-112レンジ相場からのトレンドブレイクを表しています(矢印がトレンドブレイクしたポイント)。ブレイク後は陽線9本に陰線3本という結果になっています。

トレンドブレイク=上昇相場ととらえ、適当に毎回「上」に張っているだけで75%の勝率で勝てるということが分かります。

このように簡単なトレンドを利用するだけでもバイナリーオプションではトータル大きく勝てることが分かります。

レンジ相場を利用する

上記はおよそ185-210でのレンジ相場になっていることが分かります。こういったレンジ相場は実際の相場では稼ぎやすいポイントになっています。単純にレンジ下限で「上」にbetしていき、レンジ上限で「下」にbetしていくだけです。

ポジポジ病に気をつけよう

バイナリーオプションは初心者でも勝ちやすい投資商品になっています。しかし、毎回betしていれば、勝率が悪くなって当然です。「確実」に勝利できるポイントで参加するようにしましょう。

参考:https://pixabay.com/
https://cdn.pixabay.com/photo/2017/01/18/09/59/freelance-1989333_960_720.png

まとめ

いかがでしたか?相場参加者の多くが勝利しているバイナリーオプションは魅力的な投資商品といえます。

またほんのひと手間で大きく勝率をアップすることも可能です。バイナリーオプションでお小遣いをゲットしちゃいましょう!

アバター

この記事を書いた人

本業は専業トレーダー。テクニカルをこよなく愛すテクニカルトレーダーです。お金に不自由しない星の下に生まれたラッキーレディー。

このライターの記事